fc2ブログ

自分を知るということは他人を知ること

自分の姿は肉眼では見えないもので、


自分のことは意外とわかってはいない


自分の弱点を予め把握していれば
日常でそこを補強、フォローすることや、


自分が苦手とするところを
ひとやものに助けてもらう
こともできます。


古来から生年月日や名前、顔相、手相
家相などでその人の性質を把握し、

凶を吉とするなど、


そのひとが最適な暮らし方を
送るための学問が存在します。


整体業界でいうと野口整体の12体癖が
それにあたります。


西洋医学でも自分はどういった
成分のアレルギーがあるのかを
検査によって調べられますし、


血液検査によってどういった栄養の
過不足があるのかも調べられます。


そういった東西文化で自分に関わることを
できるだけ正確に把握することは、



余計な情報に振り回されず、


冷静な判断が下せるように
なると思います。



で、

自分のことを細かく
把握できるということは、


自分以外のことも
相手以上に把握できる
ことになります。









スポンサーサイト



手書で書き写す。

突然ですが、目標としている、


または、


憧れている人物はいらっしゃるでしょうか?


そういった人物がいるとしたら
その人の書いた文章を書き写す
ということをしてみると、


ただ読むのとは違った発見が
あると思います。


ポイントは、パソコンで文章を
書き写すのではなく、


手書きで紙にペンで書き写すことで、
その人の思考パターンやどうして
ここでこういった単語や文章の書き方を
したのかを書き写すとからだで
理解できる瞬間が訪れるでしょう


できれば文章を書き写す事前に
その人物に直接会う機会があれば


もっと深くそのひとの
思考や感覚に近づくことができるでしょう


面倒な作業であるのですが、
手書きで書き写したり、


普段の気がついたことを
記すと深く記憶に残ると思うので


おすすめです。








歪みの最小単位を把握する。

心身の不調を感じるときは
からだに何らかの歪が生じている
場合が多く、


その歪は日常生活の中で
気が付かないうちに進行
していることがほとんどです。


基本的には普段の姿勢だったり、
言葉遣い、家族や友人、自分を
とりまく人たちへの接し方、


住んでいる環境、経済面、


物の扱い方、感情、思考、概念


五感の感覚、イメージなど、


全く関係が無いと思われる
事柄にも不調が起った理由としては
可能性として十分に考えられます。



ひとによっては前世や霊や魂の問題まで
引っ張り出すひともいるでしょう。


今抱えている歪みの悩みや苦痛の根元というか、
スタート地点ともいえる


最小単位はどのような事柄なのか


把握してみると徐々に解決策が
浮き彫りとなります。








鵜呑みにしない

このひとは信用できるというひとに
必要な知識や知恵を学び、


教えられた通り正確に実行しても
上手く行かない場合があります。


どのように完璧に見えても
人間の教えに絶対はありません


参考にはしても生きる上での
指針にしては時によって危険が
ともなうので、


自分の眼で見て、その行動は
自分にとって最適なのかを
吟味する必要があります。


外部から入る情報や教えは
参考にしてもその成功法則が
自分にあてはまるとは考えない
ことです。



言語による情報の伝達は
その人の受け取り方でいくらでも
変容しますから、


注意しながら実践することが
大切なのではないかと思います。






旬のうちに味わう

実現したいことを思い描いている
うちに時間は容赦なく流れ去る。



いつかやるでは間に合わないこともあります。



今は訳が分からなかったり、
時期早々かなと実感していても、


実現したいことがあれば
早めに実行に移すくらいが
丁度いいのかもしれない


食べ物に旬があるように
自分の実現したい思いや意思にも
時節による旬があるからです。



旬を逃すとおいしくない


後々後悔するよりも
一番おいしい時に味わっておく


その体験はからだだけでなく
情緒や大げさかもしれないが、
魂の栄養になると思う。







プロフィール

なわさと

Author:なわさと
埼玉県、所沢市在住の整体師です。

億を稼ぐ起業家も実践している身体と脳を飛躍的に進化することの出来る、

健康についての原理原則を語ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
なわさとの心身健康
テンションアップボタン

FC2Blog Ranking

ランキング参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR