FC2ブログ

代償は必要

目標を達成するためには
代償が必要です。


それは労力だったり時間だったり
お金だったり、責任だったり、
代償するものはそれぞれ
異なるのですが、


求めるにはそれなりの代償が必要となる
と思う


我慢をすることや願掛けをする努力も
時と場合によっては必要になる事がある。



良い方向へ向かう努力であれば
尚更必要だと思う





スポンサーサイト



今をどう過ごすか?

過去起こった事を後悔したり思い詰めても
取り戻すことはできませんし、


未来に何が起こるのか100%正確に
予測することは困難で悲観的になっても
現実は変わりません


当たり前ですが今という時間に乗り
味わい、最善を尽くすということに
限られた意思の力を使う事によって
現実は変化をはじめるのだと思う


もちろん、過去に行ったことの
改善をしたり、

ある程度、未来への目標や予測も
必要です。


基本的に今という時間をどう使っているのか?


で、充実感があるかどうかが決定する
と思います。





受け入れ準備をしておく

新鮮な水があったとしても
入れ物に大きな穴が開いていれば
水を貯えることができない、


一流の家具や絵画があっても
部屋がガラクタまみれで散らかっていると
その家具や絵画はごみ同然と見られてしまう


からだや知識も同じ様なことが言えて


栄養のあるものを食べたり飲んだりしても
便秘で運動不足で循環の滞ったからだには
吸収しづらいですし、


固定概念や疑惑、偏見をもった目で
物事をみていると新たな視点や知識は
身に付かないと思う


運動するにしても、からだのアライメントが
崩れていると運動によってさらに状態が悪化して
しまう事もある。



良い物を迎え入れる器、準備が必要となります。









常識を解体してみる。

一度身に付けた知識は常識となり、
他の知識が入らない状態となり、
意外な盲点が発生します。


恋愛で例えると


恋愛初期は相手の良いところに
意識が向き、弱点に目が届かない、
届いたとしても気にならない
ようなものです。


ただ、身に付けた常識も
方向性が間違っていると、
又は自分に合っていないと
何となく違和感を感じ始める
と思います。


今までの常識を一旦脇に置き、


現実に起こっていることを
見据え、物事を分断して繋ぎ合わせる
ようにすると、


突破口は開けるように思います。



それには上手く行っていない
ひとの話しは出来るだけ避け、



上手く行っている人の
話しを聞き、非常識と
思えることでもとりあえずやってみる


ということをすると


いままでの常識だけでは補え切れなかった
盲点に気が付き、


良くなる流れに乗れる可能性が
高まると思います。






できることをコツコツと

自分の望みを叶えるには知恵や情熱が
不可欠だと思うのですが、


それだけでは勘違い、取違をして
物事に取組む可能性があります。


基礎、基本となる事をただ繰り返し
行っていると行動そのものの質が変わる
瞬間が来ます。


質の変わるきっかけは基礎の視点を
違う角度からの発想や今まで欠けていた、
見落としていた要素の発見や先生、先輩の
ちょっとした一言であったりします。


このきっかけも日々の基礎の繰り返しが
ないと気が付かないもので、


妙な我欲があってもそこに到達しにくい


強い我欲は情熱と似ていて、
目標への行動に駆り立てられるものですが


空回りすることが多い


何故なら強い我欲は「無い」という
現状の不満や嫉妬や羨望が
原動力となりやすいからです。


現状の「無い」状態にフォーカスしている
限り願望を達成することは困難となる。




それよりは現実に確実に達成できる事を
小さな事からコツコツ達成するステップを踏む
ことではないかと思います。




やれば確実に目標を達成できる基礎を
繰り返しする習慣があると


その日その瞬間自分の調子の高低も自覚できますし、


タイミングが良ければ
良い知恵も上乗せすることができる。


盆栽のようなゆっくり育つ植物を育てるように


自分の理想とする願望を叶える習慣を
身に付けると日々退屈が無くなりますし、


充実したものになると思います。







プロフィール

なわさと

Author:なわさと
埼玉県、所沢市在住の整体師です。

億を稼ぐ起業家も実践している身体と脳を飛躍的に進化することの出来る、

健康についての原理原則を語ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
なわさとの心身健康
テンションアップボタン

FC2Blog Ranking

ランキング参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR